春爛漫 お花見ライド

今日 4月10日(日)は、チームじゅげむでのお花見ライドを行いました。

参加者は、なべちゃん(ピナレロ)、kit1002さん(コルナゴ)、kenshinさん(ルック)、しゅういち(ピナレロ)の4人/4台でした。

天狗橋 満開の桜

うーん、シーズン初ライドのせいか、みんな表情が固いですね。

つぎからは、もうちょっと柔らかくいきますか…

 

さて、いつものJR野々市駅を7時過ぎに出発。

そこから、天狗橋→先端大H.C.→軽海→鳥越→鶴来と、恒例の「軽海・黒ごまきなこアイス(大)コース」を走ります。

いつもの軽海コース

 

ちなみに、今日の最高気温の予想は25℃オーバー。

スタート直前まで、ウインドブレーカーを着ていくかどうか迷っていましたが、「私は、きっと暑くなる」…と予想し、私だけ「半袖/半ズボン・オンリー」です。

しかし、今日はこれがベストチョイスでした。

 

天狗橋での記念撮影を終え先端大プチH.C.を登れば、あとは下り基調でどんどん走ります。

アッと言う間に軽海に到着し、各々が黒ごまきなこアイスを注文します。

私は、当然「大」を選択。

それに加えて、トチ餅も買ってみました。

黒ごまきなこアイス(大)&トチ餅

 

この軽海では、金沢では名が知れているロードバイクチーム「プ○○スロード」の軍団と遭遇。

ただし、軍団の方々は、休憩など取ることなくR360を鳥越方面に登って行きます。

 

そんな中で5名の方々(そのうち一名は女性の方)が、私たちと同じところに自転車をとめて休憩する模様。

そのバイクは、ホワイトのフォーカス(ディスクブレーキモデル)など、比較的新しいモデルで、すべてSPD-SLのビンディングペダル装備。

 

アイス&トチ餅を食べていると、フォーカスに乗った方が気さくに声をかけてくれました。

そこから話に花が咲いたのですが、乗っておられる方々は、どうみても私たちの先輩の印象。

失礼ながらお歳を伺うと、なんと、「78歳、74歳、70歳、64歳…」とのこと。

しかも、70歳代の方々は、皆さん能登島トライアスロンに出場されているとのこと。

 

お話からすると、トライアスロン歴はもう10年に及ぶような印象。

「最後の10kmのランは歩くのもアリ。それでも、毎年、完走できるのが嬉しい」とおっしゃっていました。

 

素晴らしい、感服です!

いやー、私も負けてはいられません。

 

先輩方を見送って、そこから鳥越→鶴来へと走り繋いで、今日の目的のランチのお店、「崖の上サーカス」さんにゴー。

崖の上サーカスさん

 

食べたのは「あい崖カレー(大盛り)」。

あい崖カレー(大盛り)

 

チキンカレーとグリーンカレーが半々になっているカレーです。

いやー、美味しく頂きました。

「崖の上サーカス」さん、ご馳走さまでした。

 

 

ランチを食べたら、あとは帰るだけ。

その帰り道も、満開の桜並木を見ながら、暖かい…というよりも、既に真夏日と思えるほどのお日様の中を、気持ちよく走ってきました。

 

春爛漫を満喫した、チームじゅげむでのお花見ライド。

満開の桜並木、先輩方の楽しいお話、そして美味しいランチと、大満足の1日になりました。

 

追伸

撮影する動画のアングルを変えてみたい…という試みの一つとして、以下のグッズを導入してみました。

Ulamzi GP-16
セットの内容
装着状態

 

これ、着脱が手軽で、非常に便利です。

しかし今日、実際に使ってみた印象では、イマイチ。

 

首からぶら下げてジャージの下に忍ばせている、マウント装着用のベース(バックボードと呼ぶそうです)。

磁力が強いので、ジャージの生地の間を滑ったり、カメラが落ちそうになったりすることはありません。

しかし、そのベースと胸の間がしっかり繋がっていないので、ジャージ(生地)の「ピッチリ具合」だけでは、ベースが跳ねるのを抑え切れません。

このため、さすがのGoproでも、ライド中のブレ補正ができず、画面がグラグラ揺れてしまいます。

 

撮影するアングルが高くなるので、ライドシーンとしてはより好ましいのですが、画面がグラグラするのは頂けません。

うーん、何か工夫が必要です。

 

さて、どうしようかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です