自己満足…

今日は、1月8日(月)。

昨晩から遅くからは雪が降ったようで、朝目が覚めると外は薄らと雪に覆われ、一面が白くなっていました。

積雪は1cmも無く、この程度であれば雪かき/除雪は必要が無さそうで、ちょっとホッとしました。

 

年始になってしばらくは、色々あって毎日トレーニングができておらず、ちょっとした罪悪感を感じています。

昨日 7日(日)の午後はその罪悪感を消し去るべく、エアロバイクでのLSDを行いました。

 

しかし、ウォームアップ後にLSDを開始して20分を過ぎた頃から、右膝/右足首に痛みが出てしまい、その時点でクールダウンに変更。

少々長めのクールダウンとして、都合51分のエアロバイクで終わってしまいました。

 

実はエアロバイクで走っているときは、3本ローラーで走っているときと異なる筋肉に疲労を感じています。

とくに、脹脛(ふくらはぎ)、足首、足の裏に違いがあるような印象です。

 

まずは、ペダルが違います。

エアロバイクのペダルがビンディングでは無くフラペになっているため、普段ローラー(ロードバイク)に乗っているときに比べて

「ペダルを踏むだけ」

になりがちです。

また、ボディが床に対してしっかり固定されているので、

「バランスをとりながら体幹を使って全身でペダリングする」

という感覚もありません。

 

バランスはどうしょうがないのですが、ペダリングだけでも実際にロードバイクに乗っているフィーリングに近づけたいという思いから、足の指を曲げてペダルに掛け、その指を使って「引き足」っぽいことをしていました。

ところがこれが良く無かったのか変なところが痛み始め、ついには古傷の膝と足首に影響が出てしまったようです。

 

カロリー消費、あるいは単純な運動として考えれば、エアロバイクはとても理にかなっていると思っています。

しかし、「ロードバイクに乗る」ということを考えると、ペダリング、体幹/バランス感覚など、「エアロバイクで身につけることは難しい点もある」…と感じています。

 

寒いのを我慢してローラーに戻るか、それともペダリング/体幹は諦めてエアロバイクを続けるか…

ちょっと考えどころです。

 

 

ペダリングの感覚を少しでもロードバイクに近づけたいところ。

うーん、どうする…

妻や娘たちからの非難を覚悟したうえで、やっぱり、エアロバイクにビンディングペダル(パワーメーター付き)を導入したいなぁ…

 

いや、それは私のわがまま/自己満足。

家族とは言え、他の人には迷惑をかけるべきでは無い…ですかね

ここは、自重することにしておきます。

 

 

さて、「自己満足」つながりで…

 

1日に発生した能登半島地震では、被災された方々の中には私の知人がいます。

私自身がその方のところに駆けつけて、

「一刻も早く、飲み水や食料など必要な支援物資を届けたい」

と思っています。

しかしその行為が大規模な渋滞を呼び、ただでさえ道路が各所で寸断されている交通事情をさらに悪化させ、ひいては救助/救援の支障になる…

ということで、石川県を始め各自治体からは、

「一般の方が能登に向かうのは遠慮してください」

というお願いがされています。

私もその「お願い」に従い、個人的に支援物資を届けるのはやめました。

(その代わりに、石川県が開設している義援金口座に、少額ではありますがお金を振り込みました)

 

 

一方ある国会議員は、レンタカーで能登町に行って避難所を訪問し、現地のNPO法人のにも出向いて聞き取りをしたとのこと。

これは私の感覚からすると、その方の「自己満足」でしかありません。

現地の方々が迷惑することも顧みず、自分の心が満足することを優先しただけ。

穿った見方にはなりますが、「政治家としての単なるパフォーマンス」と言われても仕方のない行動だったと感じます。

 

自己満足ではなく、自分の立場/状況を踏まえた上で、

「どうすることが一番被災地/被災者のためになるか」

それを真剣に考えてほしかった…

 

国会議員であれば、議員としてできることの最大の働きは立法府としての国会で活動すること。

パフォーマンスや人気取り、あるいは他の政党や政治家のスキャンダルを攻撃するのではなく、今後は、地に足の付いた政治活動として国会で真剣に働いていただきたいと思います。

 

 

いや、これ、自分にも当てはまりますね。

「自己満足でなく、攻撃をするのではなく、地に足のついた活動」…

自分自身にも言い聞かせておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です