暖かさに誘われて…

今日は、5月4日(土)。

先日の投稿で、ロードバイク6台をトランポするためにサイクルキャリアを購入したことを報告しました(「しまなみ街道 再び…」)。

しかしこのサイクルキャリアを使うことに関連して、二つの罠がありました(「サクルクキャリアの罠…」)。

 

一つ目の罠は、ヒッチメンバーの穴の位置/大きさに関するもの。

それは、懇意にしている近所の自動車屋さんで対応してもらい解決。

 

残る罠は、実はロードバイクが隣のロードバイクに干渉し、カタログスペックの6台を搭載することはできない…という重大なもの。

この罠を解決するには、サイクルキャリアの上/下のポールを作り直す必要があります(「キャリア・アップ大作戦…」)。

 

ポールを作り直すには、金属加工/溶接等の技術が必要で、素人の私にはちょっと手出しできる内容ではありません。

さてどうするか…と考えていたのですが、私の幼馴染に金属加工の会社を経営している社長さんがいます。

この際、その会社にお願いして、新たに上/下のポールを作ってもらうことにしました。

 

件の幼馴染の社長さん。

大型連休の後半に間に合わせるように作業を急いでくれたようで、一昨日それが仕上がってきました。

 

それがこれです↓

 

遠近法で、遠くにある上ポールよりも、近くにある下ポールの方が長く見えますが、

「旧 上/下ポール 1800mm」

に対して

「新 上/下ポール 2200mm」

と、新ポールは旧ポールに対して400mm長くなっています。

 

また、旧上ポールの部品取り付け間隔が300mmであるのに対し、新上ポールの部品取り付け間隔は400mmと、搭載する各自転車の間隔を100mm広げました。

これで6台が干渉することなく搭載できるはず…です。

 

 

そんな今日、朝からお天気は快晴で気温も上昇。

その暖かさに誘われて、新たに作った上/下ポールで、ロードバイク6台を上手くトランポできるか、それをテストすることにしました。

 

まず、キャンピングカーのヒッチメンバーにサイクルキャリアのベースに設置し、そこに新たに作ってもらった上/下のポールを取り付けます。

新しい上/下ポールを取り付けると、こんな感じ↓

 

おー、いい感じですねー。

車体の幅から上/下ポールの両端が少しはみ出していますが、計算通り道路交通法の規制範囲内に収まっています。

 

そして、自転車6台を搭載してみると…

 

素晴らしい!

真ん中にロードバイク4台、両端にマウンテンバイクを2台、都合6台を問題なく搭載することができました。

これで、チームじゅげむとして計画している「しまなみ街道遠征」もバッチリです。

正直言って、ロードバイク6台のトランポに関してはちょっと心配していましたが、これで大丈夫。

今日の暖かなお天気と同様、しまなみ街道に向けた準備ができそうです。

 

 

さて、「みどりの日」の今日は、去年の11月末に亡くなった叔父(私の父の妹の旦那さん 「突然のこと…」)の納骨の法要が開催されます。

その法要には私と妻が参加し、お参りをします。

 

納骨は、四十九日を迎えたときに行うものなので、叔父の場合は今年の1月に行うのが通例となるでしょう。

しかし叔母が、

「寒い時期にお骨をお墓に入れたくない。暖かくなってからにしたい…」

との思いがあり、この日に納骨することになったそうです。

 

叔母の願いが通じたのか、今日は朝から快晴。

気温も上昇し最高気温は24℃の予報。

「暖かさに誘われて」ということではありませんが、納骨当日は暖かく明るいお日様の下で行うことができそうです。

 

 

良い法要となればいいな…

そう思います。

キャリア・アップ大作戦…

今日は、4月22日(月)。

先日の投稿でお伝えした通り、6台のロードバイクを一度にトランポができるように購入/導入したサイクルキャリア(「しまなみ街道 再び…」)。

しかし、実際にキャンピングカーに装着しようとすると、

・ヒッチメンバーの穴位置/サイズが合わずボルトで固定できない
・ロードバイクのハンドルが干渉し6台搭載できない

…という「罠」が仕掛けられていました(「サイクルキャリアの罠…」)。

 

このうち、「固定できない罠」については、ヒッチメンバーに新たな穴を開けることで解決できました。

残るは「干渉する罠」。

その解決方法を、ちょっと考えてみました。

 

まず、現状のサイクルキャリアの仕様を確認してみます。

このサイクルキャリアは全体の幅を抑えるために、ハンドルを切った状態で(ハンドルをまっすぐにした状態よりも少し詰めて…)搭載する仕様となっています。

また、自転車のハンドル部分を固定する部品は、センター to センターで300mm間隔で、上ポールにボルトで固定しています。

 

この「ハンドルを切った状態で搭載する」仕様は、ハンドルの形状が「バーハンドル」のMTBやクロスバイクであれば、ハンドルやフレームが隣の自転車や固定部品に干渉することなく、カタログスペック通り6台が搭載できます。

しかし、ハンドルの形状が「ドロップハンドル」のロードバイクでは、ハンドルを切ってしまうと、ハンドル幅よりもさらに外側に、左側のSTIレバーブラケットがはみ出してしまい、これが右隣の固定部品に干渉します。

この干渉により、右側の搭載用部品が使えない…つまり右側にロードバイクが搭載できなくなります。

 

上の写真はフォーカスを搭載した際の実際の状況です。

見事、STIレバーのブラケットが、右側の搭載用部品に干渉しています…

 

もしフォーカスを、隣の搭載用部品に干渉させないようにするとしたら、部品の固定間隔はどれだけ必要になるのか…

それを測定してみました。

 

フォーカスのハンドルを搭載時と同様に左に切った状態で、フレームのセンターから左側のブラケットの端までを測ってみると360mm。

つまり、隣の自転車のフレームのセンターまでの距離として、搭載用部品の固定間隔300mmに対して60mm不足している状況です。

ということは、二つ目の罠「隣のロードバイクと干渉する」ことを解決するには、そうです、部品の間隔を「60mm」広くすればいいことになります。

 

 

現状の部品固定間隔は300mm。

これを60mm広げて360mmとすれば、フォーカスでもギリギリ干渉せずに搭載できます。

ギリギリでは心配なので左右20mmずつ、都合40mmの余裕をみます。

ということで、部品の固定間隔を400mmにすれば、「二つ目の罠」の問題は解決できそうです。

ただしその場合、今度は、車の幅からポールや自転車が「はみ出してしまう」ことが心配になってきます。

 

ちなみに、現在のポールの長さ(キャリア全体の幅)は1800mm。

標準的な乗用車の幅に、概ね収まっています。

これを「300mm → 400mm」に間隔を広げると、必要となるポールの長さは「1800mm → 2300mm」となります。

ポールの長さを「2300mm」にすると、乗用車(たとえばレジアスエース)にそのサイクルキャリアを付けると、道路交通法上の荷物を乗せたときの幅の制限に引っかかってしまいます。

しかし、今回使うことにしている「キャンピングカー」であれば、イケそうです。

 

2022年以前の道路交通法では、車の幅を超えて荷物を積載することはできませんでした。

しかし2022年に行われた改正で、「車の幅の1.2倍まで=片側で車の幅の 0.1 ずつ、都合 0.2」であれば、車からはみ出して良いことになりました。

キャンピングカー(リエッセ)の車の幅は、確か2080mm。

なので、ロードバイクを搭載した状態で2496mm ≒ 2500mmに収まっていれば、道路交通法に適合していることになります。

 

よし、これですね…

 

 

サイクルキャリアの「干渉する罠」を解決し、ドロップハンドルのロードバイクでも6台を搭載できるようにするための「グレードアップ方法」については方針が見えました。

しかし、上記「キャリアアップ」の解決方針に基づいた、新たなポール(上側&下側)をどのようにして作るか…

それが問題です。

 

上ポールには、「サイクルキャリアのベースに取り付けるためのブラケット」を溶接する必要があります。

しかもポールやブラケットに、正確な位置/大きさで「取り付け用のボルトを通す穴」を開けなければいけません。

正確な位置/大きさの「穴開け」は、手持ちの電動ドリルでなんとかするにしても、「ブラケットの溶接」は、素人の私にはさすがにちょっと手が出ません。

 

うーん、どうしますかね…

サイクルキャリアの罠…

今日は、4月19日(金)。

先日投稿でお伝えした通り、ロードバイク6台をトランポするために、アメリカ製のサイクルキャリアを購入しました(「しまなみ街道 再び…」)。

 

これです。

 

このサイクルキャリアは、2インチのヒッチメンバー(受け側)に、サイクルキャリアのベースを差し込んで使うものです。

 

これが、サイクルキャリアのベース ↓

 

トランポに使用するキャンピングカーには、この2インチのヒッチメンバー(受け側)が装備されています。

ところが、キャンピングカーのヒッチメンバーに開いている穴が、標準的な位置/大きさとは異なることが判明。

 

キャンピングカー側のヒッチメンバー(受け側)の穴の位置

 

これに対して、サイクルキャリアのベース側の穴は…

 

キャンピングカー側(受け側)の穴の方が奥側(サイクルキャリア側の穴が手前側)で「位置ズレています。

しかもキャンピングカー側の穴径が小さいんです。

このため、ヒッチメンバーのサイズは「2インチ」で両方とも同じなので

・サイクルキャリアのベースをキャンピングカーのヒッチメンバー(受け側)に入れることはできますが
・穴の位置/径が合わないので、ボルトを差し込んでナットで固定することがでない…

という状態になってしまいます。

 

えー、どうしたらいいの…

 

 

とりあえず、いつもお世話になっているご近所の自動車屋さんに、キャンピングカーとサイクルキャリアを持ち込んで相談をしてみました。

すると、キャンピングカーのヒッチメンバー(受け側)に、新たに「標準的な位置/径」の穴を開けてくれるとのこと。

さっそく作業をしてもらいました。

 

その作業により開いた穴がこれ ↓。

 

標準的な2インチのヒッチメンバーの位置/径に合わせ、手前側に大きな「新しい穴」ができました。

この穴を使えば、サイクルキャリアベースをキャンピングカーのヒッチメンバー(受け側)に入れ、その状態で固定用のボルトを差し込んでナットで固定することができます。

 

ヒッチメンバー(受け側)にサイクルキャリアベースを入れて、ボルト/ナットで固定した状態がこれです。

 

サイクルキャリアのベースが固定できたので、一気にキャリアを組み立てます。

(と言っても、ここまで1時間以上の時間がかかりました…)

 

うーん、素晴らしい…

 

ただ、限られた幅の中で自転車6台を積む必要があるため、このサイクルキャリアでは、ハンドル幅よりも狭い間隔で、それぞれの自転車を搭載するようになっています。

間隔を詰めるために、自転車のハンドルは少し切った状態で搭載するのですが、これが微妙な位置。

ハンドル周りが、隣の自転車を搭載するときの邪魔にならないか、ちょっと心配になりました。

 

心配なら、やってみるしかありません。

手持ちの自転車は、MTB 1台、ミニベロ 1台、ロードバイク 3台ですが、それら5台すべてが搭載できるか実際に試してみることにしました。

すると… 

 

「あー、だめだ」…

心配した通り、手持ちの5台でさえ搭載することはできませんでした。

 

このサイクルキャリアは、ハンドルを搭載用の部品に引っ掛けることで自転車を固定するようになっています。

この際、「ドロップハンドル」のロードバイクでは、STIレバーやブラケットが隣の「搭載用の部品」に干渉してしまい、そこにロードバイクが乗せられなくなってしまいます。

(梱包箱の写真にある通り「バーハンドル」のクロスバイクやMTBであれば、干渉することなく搭載できるのでしょうね…)

 

言葉で説明しても分かりにくいですね。

では写真で。

こんな感じで、ハンドル、STIレバー/ブラケットが、隣にある「ハンドルを引っ掛けて搭載するための部品」に干渉してしまいます…

 

このサイクルキャリアはアメリカ製。

うーん…アメリカって、確かにMTBのイメージが強いです。

 

アメリカにも、スペシャライズド、トレック、キャノンデールなど、今をときめく有名メーカーがあります。

とはいえ、アメリカはヨーロッパと違って、ロードバイクはそれほどメジャーじゃないのかな…

 

 

このままではせっかく購入したサイクルキャリアが無駄になります。

うーん、どうする…

 

 

サイクルキャリアの罠。

一つ目の罠「ヒッチメンバーの穴の位置/径」については解決。

しかし新たな「ロードバイクのハンドル干渉」という罠が出現。

この二つ目の罠は、ちょっと解決が厄介そうです。

さて、どうしますかね…

36の更新…

今日は、3月16日(土)。

ガーミンウォッチのバッテリー残量が厳しくなり、今日は数日ぶりに充電。

ところが、ガーミンコネクトを起動してみると、ガーミンエッジ840になんと「36の更新がある」との表示が…

 

えー、そんな数の更新なんて、見たこと無いんですけど…

 

そう思って詳細を見てみると…

 

いやー、あるわあるわ、更新の嵐。

うーん、なんで?

 

ちょっと思い出してみると…

そういえば、エッジ840の設定の中で、

・「お試しの色々な新機能のトライアル版を含めて更新する」

という項目があり、それを

・「YSE」

に設定していたような気がします。

 

何が「トライアル」なのか、そこがまったく分かりませんが、お試しであったとしても常に最新機能にアップデートされるなら、まあ、良しとして置きますか…

 

 

 

さて、怒涛の昨日 15日(金)が終わり(「馬子にも衣装…」)、今日は朝から少々のんびりできる…という訳にもいきませんでした。

というのも、長男と私は(そして長女は卒業で…)お休みなのですが、この土曜日、次女はたまたま出勤の日。

なので、(朝一番に、子供たちの昼食/お弁当を作っておく必要はありませんが…)次女はいつも通り、7時に朝食を食べて仕事に出かけます。

 

ということで、私は、いつもより少し遅い5時半に起床。

そして、まずはこの一週間少々サボり気味だったリビングの掃除を行います。

それから乾いている洗濯物を畳み、リビングの端に置きます。

これらが終わってから、味噌汁を作りおかずを作ってダイニングテーブル配膳。

 

7時少し前になって次女が起きてきたので、私と一緒に朝食。

「あー、洗い物、まとめて済ませてしまいたいな」

…ということで、長女と長男を起こし、一緒に朝食を食べてもらうことにしました。

その朝食での最中のこと。

 

次女と長男が、昨日の夜に私が酔っ払っていたことを言いつのります。

 

昨日の夜は長女と長男がおらず、夕食は次女と私の二人のみの予定。

一日中バタバタした後に、さらに夕食の準備をすることが億劫になった私は、次女と二人で外食に行くことにしました。

ところが、長男の予定が突然なくなり、一緒に行くことに…

 

予定が無くなった長男を加え、三人で向かったのはやきとりの「あ○○し」。

事前にテーブル席を予約していたので、スムーズに入店。

一日中頑張ったご褒美として、私はビール/ハイボールとどんどん飲み進め、串物もガンガン注文。

やがて次女と長男に、

「お父さん、もう注文しなくていい」…

と言われてしまい、そこで「あ○○し」はお開き。

 

ただ、まだちょっと飲み(食べ)足りなかった私は、次女と長男に二次会を提案。

ところが、次女がこれを却下。

その代わり、帰り道の途中にあるコンビニに寄ってツマミを買い、家で飲み直すことになりました。

家に帰ってコンビニで買ったツマミを食べながらウィスキーの水割りをお代わりして、次女と共に私は飲み進めます。

ところが、途中から私の記憶が無い。

次女/長男によると、私は楽しげに話をして笑いながら飲んで/食べていたとのこと…

 

「あー、そうだったねぇ、楽しかったねぇ」…

 

私の記憶が無いことは秘密にして、それ以上その話題には触れずスルー。

 

 

ガーミンと同様、ここでも「36」が重要。

「三十六計 さんじゅうろっけい 、逃げるに如 かず」

危ない話題には近寄らず、そこから逃げるに限ります…

本音を言えば…

今日は、1月27日(土)。

今朝の天気は雪ではなく雨になっており、そのおかげで先日積もった道路の雪もかなりとけてきました。

 

しかし気温は2℃ほどしかなく、まだまだ寒い状態が続いています。

 

昨日26日(金)の夕方も寒い状態だったので、トレーニングは、外に出て納屋に行くのを避け、リビングにあるエアロバイクでのLSDとしました。

 

「今後、気にしてみる」…

とお伝えした通り、エアロバイクの負荷は「3」に設定(「少しは安定?…」)。

その状態で快調にLSDを快調に行っていました。

 

しかし、リビングにいた妻から、

「腕が痛くて夕飯の準備ができない」

との ”S.O.S.” が発令。

 

「ラジャー!」

ということで、その時点で私はクールダウン&惣菜ゲットに出発。

このため、LSDの時間は40分となっています。

 

クールダウンが終わった私は、そのまま(もちろんジャンパーを羽織ってですよ…)スーパーにダッシュ。

すでに夕食の支度として買い物に来る方々の時間帯は過ぎており、惣菜/お刺身コーナーは「お勤め品」が並んでいたりします。

その中から家族5人分のおかずとして、鳥の唐揚げ、カキフライ、白身魚のフライ、刺身、カット野菜のサラダなどを購入。

刺身はともかく、妻は、スーパーのこの手のもの(揚げ物、カット済み野菜等)があまり好きではなく、本音を言えば

「食卓には出したくない/食べたくない」…

のだと思います。

 

しかしこのときは、妻は自分自身では食事の支度ができない状況。

なので、お皿に並んだのはスーパーの惣菜でしたが、嫌な顔をせずに

「ありがとう」

と言って食べてくれました。

当然と言えば当然なんですけど、それを見てホッとする私も居るんです…

 

 

妻も子供たちも、私が買ってきたスーパーの惣菜を、嫌な顔をせずに食べてくれました。

ただ、「本音」を言えば、もう少し温かくて、手の込んでいる、美味しいものが食べたかった…と思っているのかも。

 

「それも分かるなー」

と思いますが、今回は緊急対応。

そう思って勘弁してください。

 

 

 

さて、「本音」つながりで…

 

先日、妻が私にビンディングシューズをプレゼントしてくれました(「大寒を乗り切る」)。

少しサイズが小さかったので、スポーツサイクル・イシノさんに行き、妻が選んでくれた同じモデルのサイズ違いへの交換をお願いしていたのですが、そのシューズが届きました。

 

これです。

フィジーク「VENTO OMNA(ヴェント オムナ)」チェリー/ブラック(サイズ「43 1/2」)

なかなかカッコいいです。

あらためて、妻には「ありがとう」です

 

ただ、これを受け取ったときに、私がちょっと「困った顔」をしたのを妻は見逃しませんでした。

 

私:
「…」

妻:
「どうしたの?」

私:
「ちょっとサイズが小さいんだ」

妻:
「すぐにイシノさんで交換してもらってね、大丈夫って言ってたから」

私:
「ああ分かった」

 

サイズが小さかったのは本当なんですが、「本音」を言うと、もう一つ困ったことがあったんです。

それは…

 

これなんです。

 

昨年秋、それまで使っていたビンディングシューズ リンタマンのソールが剥がれました(「物入りな秋…」)。

それもあってイシノさんでシューズを物色していると、私に向かってオーラを発しているシマノのS-PHYRE(エスファイア) RC-903を見つけました(「ちょっとサイズが…」)。

しかし、お店にあったシューズのサイズが少し小さかったので、そこでは我慢の子。

ただ、とても気になったので、家に帰ってRC-903について色々調べてみました(「しっかり調べて…」)。

しばらく迷ったんですが、実は、ネットでこっそり買いました。

届いたシューズは、一度履いただけで納屋にしまっていたので、妻にはバレませんでした。

しかし今回は、それが裏目に出てしまった…

という経緯もあって「困った顔」になってしまいました。

 

ただこれは、隠していてもしょうがないので、大っぴらに使っていくしかありません。

 

 

これで私が持っているシューズは、

・ローラー/ツーリング用のリンタマン

これは、ソールが剥がれたので廃棄するとして、

・これまでレース用としていたSIDI
・自分で購入したシマノ
・妻からプレゼントされたフィジーク

の3足になりました。

 

この3足をどんな風に使い分けるべきか…

妻に伝えることも含めて、ちょっと考えてみたいと思います。